ヘルプ

ヘルプ | キーワードについて

キーワードの管理

キーワード管理画面


登録や編集など、キーワードの管理をおこないます。

登録できるキーワードはユーザー1人あたり、最大500個までです。


また、ログイン時の「人気キーワード」や「おとなりキーワード」などの横に表示される

キーワードを追加」

ボタンを選択することで、簡単にキーワードを追加することも出来ます。


姓・名の場合は別々にわけて入力してください

著者、アーティスト、出演者等、キーワードとして、人の名前を登録する場合は、「姓・名」をわけて別々の枠に入力してください。

例えば、「坂本」+「真綾」を、「坂本真綾」のように登録した場合、一部のアイテムが検索で見付からないという事例がまれにあります。

姓名の区切りがない名前の場合や、姓のみ、名のみを登録する場合においては、どちらの枠に入力しても問題ありません。


グループ名等は、枠に分けて入力する必要はありません。


ふたつの枠それぞれに別々の氏名を入れるような事は避けてください。

キーワード、全体から検索する場合

各カテゴリーの「キーワード」へ入力することで、著者やタイトルに限らず、アイテム情報全体から検索することができます。

ただし、検索範囲が広がることで、より不要なアイテムがリストアップされる可能性がありますので注意ください。

検索対象を、タイトルや著者などに限定する時には、それぞれの項目へ入力するのが最適です。


なお、2008年の夏以降、「(タイトルや著者ではない、) キーワード」でマッチする範囲がそれまで以上に広がっていますので注意ください。

特に書籍などでは、想定しないアイテムがマッチしてしまうことが多くみられます。

これらは、「Amazon Web サービス」の都合となり、現状どうしようもありません。

できる限りキーワード以外の「タイトル」や「著者」等の検索条件を設定することをお勧めします。

検索結果が30個以上あります

キーワードの「最終チェック」が赤字で表示されている場合、そのキーワードの検索結果が多すぎることを示しています。


新刊.net では、ひとつのキーワードの検索結果、今日以降に発売されるアイテムが30件を超えた場合、発売日が今日に辿り着く前に検索を打ち切ります。

そのままでは発売日が目前に迫っているアイテムが取りこぼされることになります。 発売日のチェックに不足をきたしてしまいますので、より絞り込むキーワードへ変更することをお勧めします。


また、この状態のキーワードの検索を行う間隔は、通常のキーワードよりも長く (30日程度) に設定されますので注意してください。

試しに検索

最近発売された順に、最大10件のアイテムが表示されます。

既に登録されているキーワードの場合は、

「このキーワードは、×人のユーザーが利用しています」

と登録ユーザー数も合わせて表示されますので参考にしてください。

ログイン
新規ユーザー登録
お知らせ ヘルプ 新刊.net トップ
(C) 2010-2017 rukari.com.
Powered by jQuery Mobile.